ニキビは早めの対策が必要です

ニキビができる主な原因

ニキビの女性

ニキビというと思春期にできやすく、年齢と共に自然に良くなっていく印象がありますが、実は大人になってからもニキビができてしまうという人も少なくありません。

ちなみに、思春期にできるニキビを思春期ニキビ、大人になってからできるニキビを大人ニキビといいます。

ニキビは主に顏にできすく、鏡を見てニキビが気になりだし、だんだん気持ちも暗くなり、ネガティブな感情を抱えることが多くなり、場合によっては日常生活にも影響を及ぼすようになってしまうこともあります。

そうならないためにも、早めに適切なニキビ対策をとることがとても大切です。

そこでこのページでは、ニキビができる主な原因について、詳しくわかりやすくまとめてみましたので、ぜひご覧下さい。

ニキビができる原因

人はそれぞれ、肌質、食生活、生活習慣、その日の体調など、様々な点で異なりますので、ニキビができる原因も人それぞれ異なります。

しかもニキビができる原因は一つだけではなく、いくつもの要因が重なってニキビができるのです。

ニキビができる主な原因としては、生活習慣の乱れ、バランスの悪い食生活、ストレス(精神的な苦痛)、ホルモンバランスの乱れ、内臓不良、睡眠不足、肌の乾燥、紫外線、古い角質の蓄積、間違ったスキンケア方法などが挙げられます。

それでは次に、肌がどういう状態になるとニキビができやすくなるのかについて、ご説明していきます。

皮脂の過剰な分泌

皮脂の分泌が過剰になる原因はいくつもありますが、その中の一つにホルモンバランスの乱れがあります。

男性ホルモンは、皮脂分泌を増加させる働きがありますが、例えば、ストレスなどの影響により交換神経が男性ホルモンの生成を過剰に促し、毛穴から皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まり、炎症をおこして、ニキビとなります。

毛穴が詰まる

お肌は通常、古い角質が剥がれ落ちて、自然に新しい肌へと生まれ変わります。これをお肌の新陳代謝といいます。

紫外線や肌の乾燥などの影響により肌がうまく新陳代謝されないと、古い角質が残りどんどんと蓄積されていき、角質が厚くなり、肌の毛穴を詰まらせます。

更に、そこに毛穴から外に排出されるはずの皮脂が混ざり合って、ニキビができます。

ニキビ菌(アクネ菌)の繁殖

ニキビの原因菌のことを、アクネ菌と呼びます。

アクネ菌は、もともと皮膚などに存在する常在菌(じょうざいきん)ですので、体に悪い影響を与える菌ではありません。

ただ、アクネ菌は皮脂を栄養源として繁殖しますので、毛穴に過剰に皮脂が分泌しているとアクネ菌が増殖し、炎症の原因(赤く腫れたりする)を作り出してニキビができます。

誰にでもできるニキビですので私たちは比較的軽いモノだと考えがちですが、実はニキビは身近にひそむ皮膚病の一つなのです。

ですから、ニキビにはしっかりとしたニキビ対策を行い、早めに治しておきたいものです。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ