ニキビは早めの対策が必要です

ニキビができやすい季節とは?

日本には四季(春、夏、秋、冬)がありますが、お肌は気候の変化などの影響を受けて、ニキビができやすくなることがあります。

ニキビができやすい季節 春

春

春は、冬から春へとの季節の変わり目であるため、気温の変化が激しく、体(肌)が環境の変化に対応しようとします。

そのため体の新陳代謝が活発に働き、ホルモンの分泌が盛んに行われ、皮脂分泌も活発になるのでニキビができやすくなります。

また春は、就職、新入学、引越などの周囲の環境変化により、ストレスを受けやすい環境になります。

ストレスは自律神経にも影響をあたえ免疫力を下げたり、ホルモンバランスを崩して男性ホルモンの分泌を促したりします。

男性ホルモンは皮脂腺の働きを活発にし皮脂を過剰に分泌しますので、ニキビができやすくなります。

その他には、花粉、ほこりなども、肌に刺激を与えますので、ニキビができやすくなると言えるでしょう。

ニキビができやすい季節 夏

夏

夏は、冬の約2倍の皮脂の分泌量があると言われています。

夏は気温が高く暑いので、大量の汗をかいたり、皮脂分泌量が多くなったりする季節ですので、ニキビができやすい季節と言えるでしょう。

また暑くて寝れなかったり、食欲不振などにより体調を崩しホルモンバランスが乱れたり等により、ニキビができやすくなります。

更に、お肌が冷房や紫外線の影響を受け、肌の水分量が少なくなります。

そのため、お肌に潤いを与えようと皮脂(油分)が過剰に分泌され、ニキビができやすくなります。ですので、夏の乾燥肌は、油分よりも水分を補ってあげることが大切です。

特に夏の強い紫外線は、お肌の老化を早める活性酵素を発生し、肌の新陳代謝のサイクルを乱すなどの原因となりますので、注意が必要です。

ニキビができやすい季節 秋・冬

秋・冬

秋と冬は皮脂の分泌量は春・夏に比べて少ないですが、空気が乾燥する季節です。つまり、肌が乾燥しやすい状態になります。

体は乾燥した肌に潤いを与えようと、皮脂が過剰に分泌されるため、ニキビができやすくなります。

ちなみに、もともと乾燥肌の人は皮脂分泌量が少ないため、だんだんとお肌の水分がなくなり、角質が厚くなり、毛穴を詰まらせ、ニキビができやすくなります。

ニキビができやすい季節 まとめ

これらのことから、ニキビは季節に関わらず、一年中できやすい環境にあると言えます。

季節に関わらず、日頃から肌の状態に合わせたスキンケアを行うことが、一番のニキビ対策になるでしょう。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ