ニキビは早めの対策が必要です

お尻ニキビの原因と対策

このページでは、お尻ニキビの原因と対策について詳しく説明していきます。

お尻ニキビの原因

お尻ニキビは自分では見えにくい場所にできますので、気がつかないうちにできてしまっています。日ごろから気をつけるように心掛けましょう。

蒸れや血行などが原因

あごニキビ

お尻は顏に比べて皮脂の分泌量は少ないのに、なぜかお尻ニキビができてしまいます。その原因は「蒸れ」です。

例えば、椅子にずっと座り続けていると、通気性が悪くなり、お尻の周辺がじめじめと湿気が多くなり蒸れてきます。

蒸れは雑菌が繁殖しやすい状態ですので、長時間そのままにしているとお尻ニキビができやすくなります。

お尻周辺は、座ったり寝たりすることで圧力や摩擦を受けやすい部分ですので、肌への刺激が強く、外部の刺激から肌を守る角質は厚くなりがちです。

その他に、締めつけた下着や自分に合っていないきつい下着を身につけていると、お尻の血行が悪くなり、老廃物(皮脂の汚れ、汗等)がうまく排出されなくなり、ニキビができやすい状態になります。

また、衣類との摩擦も肌に悪い影響を与えますので、汗の吸収や通気性が良いなどの、肌にやさしい素材を選ぶように心掛けましょう。

新陳代謝の悪さ

お尻は皮脂の分泌が少ない部位ですが、そこにニキビができるということは、肌の新陳代謝(ターンオーバー)の悪さが原因だと言えるでしょう。

肌の新陳代謝が悪いと、古い角質が溜まり、毛穴を塞いでしまい、ニキビができます。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)のサイクルは、睡眠不足、ストレス、偏った食生活などの影響を受けます。

また、お尻の肌は、他の部位よりも柔らかいので、ニキビ跡が残りやすくなります。

洗い残し

体を洗うボディソープ(石鹸)などの洗い残しが原因で、お尻ニキビができることもあります。

また、体や髪の毛の汚れが毛穴に残らないように、丁寧に流すように心がけましょう。

お尻ニキビの対策

お尻ニキビ対策として、次の方法が挙げられます。

  • バランスのとれた食生活を送る。
  • 睡眠時間を十分取る。
  • ストレスを解消する。
  • 通気性が良く、刺激の少ない衣類(下着)を着用するようにする。
  • 洗い残しがないように、お尻を丁寧に洗う。

お尻の肌は、日々強い刺激や蒸れなどのダメージを受けていますので、常に清潔を保ち、お尻を洗ったら必ず保湿するようにしましょう。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ