ニキビは早めの対策が必要です

必須ニキビ対策 皮膚を清潔に保つ

ニキビ対策は洗顔

ニキビ対策として、一番に挙げられるのが日々の洗顔などで皮膚を清潔に保つことです。

正しい洗顔を行うことが、ニキビ予防に繋がります。

しかし、正しい洗顔方法を行わないと逆に肌を傷つけてしまい、乾燥肌の大きな原因になってしまうことがあります。

そもそも、なぜ洗顔をするのでしょうか?

それは肌の表面には、汗、皮脂、埃、花粉、化粧品、古い角質、雑菌などの色々な汚れが付着しているからです。

これらの汚れを落とさないと、汚れが毛穴に詰まったり、アクネ菌(ニキビ菌)が繁殖したり、肌の新陳代謝のサイクルが乱れたりすることになり、ニキビができます。

つまり、皮膚を清潔に保つことが、ニキビの予防・改善に繋がります。

スキンケア方法

洗顔する際は、ゴシゴシと強く擦って洗うことは厳禁です。

あまり強くこすってしまうと、外から皮膚を守る角質層(0.02ミリほど)を落としてしまい、乾燥肌になりやすく、皮膚のバリア機能も失われていき、皮膚にとって良いことはありません。

洗顔は、あくまでも「肌表面の汚れを落とす」という感じで良いでしょう。

具体的な洗顔方法

1.洗顔を効果的にするために、洗顔前に蒸したタオルを約2~3分顏に覆います。

そうすることで毛穴を開かせることができ、毛穴の中の汚れまで落とすことができます。

2.洗顔する手も清潔にし、次に「素洗い」します。

32℃前後のぬるま湯で顔を洗い、軽く汚れを落とします。

3.専用スポンジ(ネット)や手に洗顔剤をつけて、やさしく泡立てます。

ただし強い洗顔剤を使ってしまうと、逆に角質層に傷をつけてしまう恐れがありますので、肌にやさしく、汚れもきちんと落としてくれるものを選びましょう。

4.顏を擦らずに、泡で包みこむようにして洗います。

まずはTゾーンから外へ。そして頬、あごのUゾーンに。

泡を肌にのせるだけで汚れは浮き上がりますので、強くこすってはいけません。

強くこすると、皮脂が奪われてしまいシワをつくる原因にもなります。

5.ぬるま湯で石鹸が残らないように十分に洗い流します。

髪の生え際などには、洗い残しがないように十分注意しましょう。

6.乾いた清潔なタオルで、軽く押しあてるように優しく拭きます(強く拭くとタオルと肌に摩擦が生じ、肌に刺激を与え、たるみの原因になります)。

7.肌を保湿をします。

毎日、丁寧で正しい洗顔を続けていきましょう。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ