ニキビは早めの対策が必要です

背中ニキビの原因と対策

背中ニキビ

このページでは、背中ニキビの原因と対策について詳しく説明していきます。

ニキビは顏だけでなく背中にもできやすく、背中にできるニキビを背中ニキビといいます。

背中ニキビは自分では見えない上に治りにくいので、やっかいなニキビです。

水着になったり背中が見えるドレスを着たりなど、人前で背中を見られる機会は意外とありますので、背中ニキビはしっかりと治しておきましょう。

背中ニキビの原因

寝汗

人は寝ている間に多くの汗をかきますが、汗をそのまま放置しておくとニキビができやすくなります。

汗にも色々な種類がありますが、悪い汗と言われている「皮脂分の多い汗」は、毛穴に皮脂が詰まり、皮脂を栄養源としているアクネ菌(ニキビ菌)が増殖します。

また汗は雑菌を好みますので常に清潔に保つことが大切ですが、背中は洗いにくということもあり、背中ニキビができる可能性が高くなります。

紫外線や肌乾燥による影響

肌に紫外線があたると、シワやシミ・ソバカスができやすくなることはご存知の方も多いと思いますが、実はニキビもできやすくなります。

肌は紫外線を浴びると、紫外線から肌を守ろうとして、角質が厚くなります。

もう少し詳しく説明しますと、通常の肌は、自然に新陳代謝(ターンオーバー)が行われることで、不要な古い角質が剥がれて新しい肌に生まれ変わりますが、紫外線を多く受けた肌はそのサイクルが崩れ、古い角質が剥がれずに溜まってしまい厚くなるのです。

この状態が進んでいくと、毛穴が塞がりニキビができてしまいます。

この他に、肌は紫外線の影響を受けると乾燥肌になりやすくなり、肌は乾燥した肌を正常に戻そうと皮脂を過剰に分泌します。これが原因でニキビができることもあります。

洗濯洗剤や柔軟剤

背中は衣類との接触が多い部分ですが、洗濯洗剤や柔軟剤があなたのお肌に合わないと、背中ニキビができることがあります。

シャンプーとトリートメント

洗髪の際に、シャンプーやトリートメントの洗い残しがあって、シャンプーやトリートメントが背中に付着したままになっていると背中ニキビができることがありますので、きちんと洗い流しましょう。

背中ニキビの対策

背中ニキビ対策として、次の方法が挙げられます。

  • 通気性が良く、汗の吸水性が良いパジャマを着る。
  • なるべく、汗をかいた肌着を長時間身につけない。
  • 紫外線対策を行う。
  • 食生活を改善する。
  • 睡眠時間を十分とる。
  • ストレスを溜めないように心掛ける。
  • 肌を清潔に保つとともに、保湿ケアをする。

背中は自分では見えないところですが、時々鏡などで確認すると良いでしょう。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ