ニキビは早めの対策が必要です

ニキビに良い食べ物は?

ニキビは皮膚病の一種ですが、体の不調を表すものでもありますので、食生活を見直すことで、ニキビ対策にも繋がります。

ニキビに良い主な食べ物

体に必須のタンパク質

納豆

タンパク質は、皮膚、骨、髪など、体の構成や生命維持に欠かせない最も大切な栄養素ですので、もしタンパク質が不足していくと抵抗力が弱まり病気の原因にもなります。

また皮膚に含まれているコラーゲンも、繊維状のタンパク質です。

タンパク質は新陳代謝にも大きく関わっていますので、タンパク質が減少していくと、肌トラブル(肌あれ、ニキビ、しわ、ツヤがなくなる)などを起こします。

タンパク質が多く含まれる食物:納豆、豆腐、卵、肉など。

タンパク質を多く含んだ食品を食べることで、ニキビ対策に繋がります。

肌の新陳代謝を活発にするビタミンA

うなぎの蒲焼

ビタミンAの主な働き:皮膚や粘膜の免疫力アップ、肌の老化防止、細菌やウィルスから身を守るなど。

ビタミンAが多く含まれる食材:ウナギのかば焼き、鶏・豚レバー、人参、かぼちゃなどです。

ビタミンAを多く含んだ食品を食べることで、ニキビ対策に繋がります。

皮脂の過剰分泌を抑えるビタミンC

レモン

ビタミンCの主な働き:美白・美肌、活性酸素の除去、コラーゲンの生成など。

ビタミンCが多く含まれる食材:レモン、キウイフルーツ、いちご、キャベツ、じゃがいも、緑茶など。

ビタミンCを多く含んだ食品を食べることで、ニキビ対策に繋がります。

若返りのビタミンE

かぼちゃ

ビタミンEの主な働き:老化防止、血行促進、活性酸素の抑制など。

ビタミンEが多く含まれる食材:かぼちゃ、ナッツ、モロヘイヤ、ひまわり油など。

ビタミンEを多く含んだ食品を食べることで、ニキビ対策に繋がります。

亜鉛

牡蠣

亜鉛の主な働き:肌のターンオーバーを活発化、肌の免疫力を高める、ニキビの改善など。

亜鉛が多く含まれる食材:納豆、大豆、ウナギ、牡蠣、レバーなど。

亜鉛を多く含んだ食品を食べることで、ニキビ対策に繋がります。

亜鉛は、ビタミンCと一緒に摂取することにより、効率よく体内に吸収されます。

代謝を助けるビタミンB群

バナナ

ビタミンB群の主な働き:数種類のB群がそれぞれ助け合いながら、神経や皮膚などの健康を保つ。

もしビタミンB群が不足すると、便秘、肌荒れ、ニキビなどの症状が出やすくなります。

例えばビタミンB6は、皮脂の分泌を正常にしたり、月経前症候群 (PMS)の緩和などの働きがあり、バナナ、レバー、かつお、さんま、大豆製品などに多く含まれています。

普段食べている白米を、ビタミンB群豊富な玄米に変えるだけでも、ニキビ予防に繋がります。

ニキビ対策化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5はトップページの下方に掲載してあります。

▼▼今すぐ下のテキストをクリックして、ご確認下さい▼▼

ニキビ対策におすすめの化粧水、治療薬、サプリメント ベスト5を確認する

サブコンテンツ

このページの先頭へ